葬式の喪章は遺族が着けるもの

近頃はあまり見受けられない傾向にありますが、比較的年配の方は和装で葬式に出る事が多かったです。
日本の風習に則って行われる葬式なので、和装でも問題無いように感じられますが、葬式において遺族よりも位が高い召し物を身に纏ってはならないという決まりが存在します。
しかし、近年はすっかりとブラックスーツが主流になっているので、特別気を付ける必要性が無いでしょう。
そして、同じく葬式には身に着ける事でマナーに違反してしまう事があります。
それは、喪章を腕に着けるという事なのですが、使い方を誤っている方が多いのが実情です。
喪章は出先に居て喪服の準備が行えなかった際などに腕に装着して参加すると思われていますが、実は遺族が使用する物であることから参列者が使ってはいけません。
そのため、出先で喪服が手配できない時は派手な洋服ではなく、平服である事を確認して向かってください。
マナーとしては問題無いものの、誤解されないように一言説明した方が良いです。