葬儀の役割分担

人が亡くなってしまうということは悲しいことではありますが、自然の流れになります。それがどのような理由であっても故人の冥福を祈りたいものです。そこで葬儀や通夜を行うことになるのです。
身内の立場では葬儀や通夜の手配をしていくことになるのですが、その際には自分たちではできないことをほかの人に協力してもらうことがあります。葬儀社の人に依頼をするのが当たり前のことですが、それ以外にも関係する人たちにお願いをすることになります。
喪主というのは最も故人と関係の深い人であって、配偶者や子供たちが担うことになります。そして世話役代表というのは年長者で人生経験のある知識豊富な人がまとめ役をしていきます。また、受付は隣組や職場関係の人に依頼をしたり、会計は近所や職場などで違った立場にある二人に依頼をすることが多いようです。そして接待係というのは台所に慣れている人にお願いすることになったりして、葬儀がスムーズに進められるようにしていきます。