葬式の事前準備のすすめ

葬式の事前準備をしている方はあまりいらっしゃらないかもしれません。
もうすぐ亡くなりそうだから、準備をしなくてはというのは、不謹慎なこととされています。
しかし、葬式経験者にとっては、準備をしていなかったから、後であれも行えば良かったと後悔することも多いと言います。

準備と言っても、不謹慎ではなく、当日に参列者に失礼がないよう執り行うことができるスムーズな進行を心がけましょうということです。
そこで、最低限これだけは準備してほしいということは、
・会場と葬儀社の選定
・予想される人数
・知らせる方の名前
・予算(祭壇や棺桶だけではなく、様々な費用全般)
・具体的な内容(演出)
・遺影の写真
などです。

本当に、通夜から葬式にかけては、喪主や施主の仕事は多いです。
最低限、これだけを決めておくだけでも、当日の多忙は軽減できます。
もちろん本人の意向も入れたいのであれば良いのですが、そんな雰囲気ではない場合は、予め決めておくことをおすすめします。