葬儀の意味について

葬儀は葬式の一部で、他に通夜、告別式があります。近年ではこれらの儀式は一部まとめて行なわれることもありますが、本来はそれぞれに異なった意味を持っている儀式なのです。
通夜は葬儀の前に行なわれるもので、通夜は亡くなった人と生前に親しかった人や親族などが集まって故人と別れを惜しむ儀式で、本来は夜通し行なわれるものなので通夜と言われています。近年では告別式に参列できない場合のお別れの場となっていることもあります。
葬儀は亡くなった人の冥福を祈って別れを告げる儀式です。それぞれの宗教などで葬儀のやり方などは異なりますが、亡くなった人の冥福を祈ることは共通していることです。亡くなった人の意思を尊重して家族葬などを行なう場合もあります。告別式は亡くなった人と最後の別れを告げる儀式で、親族や身内以外の人々が参列できる儀式で、葬儀と告別式は別々に行なうことが殆どでしたが、近年ではそれぞれを一緒に行なう場合も増えています。