葬儀での挨拶ついて。

通夜であらたまって挨拶する事は少ないですが、通夜振る舞いで挨拶する場合があります。この場合に通夜振る舞いの予定時刻が経過したら喪主が散会の挨拶します。この際に通夜への弔問のお礼をし、葬儀・告別式の時間を知らせます。葬儀や告別式でもあらたまって挨拶します。この場合に喪主や親族が参列者への感謝の意を述べると共に、故人への生前の感謝の意を述べます。この際に故人の人柄について感謝の意を述べると良いです。精進落としの始まりでも、あらたまって挨拶します。その場合に、喪主か親族が葬儀が問題なく行えた事に対する感謝の意を示し、献杯を行い会食します。精進落としの終わりの際にも、喪主や親族があらたまって挨拶します。すぐにではなく当該儀式が始まって一時間程度経過してから挨拶を行われるのが一般的です。その際に納骨や法要の予定が決まっているのであれば当該儀式の参加者に連絡します。もし、決まっていない場合には、後で決まった場合に連絡する事を伝えます。