葬式で喪主をするときに気を付けること

葬式を行うときは遺族側の代表として挨拶をしたり、葬式すべてを取り仕切るために喪主を決めることが必要です。以前は男性が喪主を行うことが通例となっていましたが、喪主は基本的に性別に関係なく、故人と一番近かった人が勤めることが多くなっています。喪主をすることが決まったら、親族や近親者に連絡して葬儀の日取りを決めたり、葬儀が決まっていたらその旨を説明します。次に故人と親しかった会社関係者や個人的な友人たち、そして最後にご近所にも葬式を行う日付や場所について説明します。家族葬などではなく一般的な葬儀を行う場合は、多くの人が参列することになるので葬式を行う場所は日付を間違えないように伝えることが大切です。ただ喪主といっても葬儀のときは気が動転していることも多いですから、他の遺族や親族にも手伝いを申し出るとよいです。喪主は故人にかわって弔問を受けることになるので、参列者が訪れたときは挨拶まわりをして、葬式が終わったら代表で挨拶を行います。