葬儀を行う時は情報を共有する事がポイント

葬儀自体は喪主が主体となって行いますが、実際には業者に依頼し、さらに親族の協力があってこそうまく行くものです。
そのため、どこに何があるのか、どういった業者に依頼しようとしているのか等の情報位は共有しておきます。
そうする事によって知らない、分からないと言った事を防ぐ事が出来るからです。

葬儀自体はそれ程頻繁に起きる物ではない為、それを仕事にしている人以外はそれ程慣れているわけでは有りません。
ただ分からないからと言って適当に行う事は出来ず、さらに何かマナー違反をしても良いという訳ではありません。
葬儀自体は故人を見送る為の大切なセレモニーだからです。

その為にも業者を利用する方が良いのですが、業者に全てお任せできるかと言ったらそうではありません。
遺族が行うべき事も沢山あるからです。
滞りなくスムーズに終える為にも、まずは何をすべきか明らかにする事、さらに一人でなんでも抱え込んでしまうのではなく、分担する事によってよりスムーズに進める事が出来るようになります。

例えば、葬儀では、親族が食事や飲み物を用意する必要があります。
当日火葬の待ち時間の間、飲み物を待ち時間の間に、飲み物を出すこともあればお昼なら
簡単なお寿司を出すこともあります。

現代では、火葬のあとに初七日が行われることが多いです。
初七日のあとには、料理を出しこれを精進落としと言います。
食事の献立について、早めに葬儀社に頼みます。
人数がわからない場合も、ある程度わかった人数だけであとで追加ができます。
通夜ふるまいでは、大皿が多いですが初七日のあとの炉売りは、お膳やお弁当が一般的です。

料理だけでなく、お酒やジュースも用意しておきます。
助かったといわれているのが、ノンアルコールドリンクで車で来られる方を配慮しています。

喪主、遺族の方は末席に座るのが基本になっています。
食事のときは、来てくれた方の席をまわって個人の思い出話をすることが多いです。
会食の最初と最後は、喪主の方が挨拶をします。
最後は、引き出物を渡して終了になります。

このように親族もする事が沢山あります。

<PR> 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / クレジットカードの即日発行じゃけん / JALカード / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / 健康マニアによる無病ライフ / 心の童話 / 初値予想 / 女性の人生 / 童話